忍者ブログ

[PR]

2018年12月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

息子の感覚

2009年06月04日
息子もち男も、何とか保育園に通っています。

息子の担任は、お孫さんがいらっしゃるという、笑顔の素敵な、とても優しい保育士(仮 花子先生)さんです。
家庭訪問に来ていただいた時は、息子の事を
「もち男ちゃん!」
と呼ぶので、正直驚きましたが。
(くん、だと思っていたので。)

しかも、やる時はやる人で、先日の親子運動会保護者綱引きでは
「お母さんたち、ムキになって本気でやって下さい!明日は休みですよ!」
とハッパを掛けられました。
おかげで1勝しました。
(子育てに休みなしだが)

最近息子が、テレビを見ている時に
「はなこしぇンしぇ~!」
と言うのです。
誰を見て言っているのか?と思っていると。

市原隼人さん(?)でした。

あ~ルーキーズね~。
と思ったのですが。

息子の中では

市原隼人さん=花子先生(孫アリ)

のようなのです。

おいおい、大丈夫か?息子よ。
性別違うし!


こきち@心理
PR

今日は家庭訪問!

2009年04月18日
今日は息子の保育園の家庭訪問です。
今、大急ぎで部屋を片付けています。
ほとんどは夫メケメケが片付けてくれたので、子供たちが今朝散らかしたおもちゃなどを片付けています。
10時半に先生がいらっしゃるんだけど、間に合うだろうか…。

そんなこんななのに、息子はまだおむつ一丁でお着替え拒否です。
最近の息子は何を考えているかよくわかりません。
先生来るよ、と話しても、着替えさせようとすると逃げます。
裸好き…?

とにかく片付け頑張ります。
娘は地味にシャアのフィギュアを分解しています。


こきち@心理

不審者だったのかな…。

2009年03月30日
昨日、家の近所の公園で、謎の男性の凝視にありました。
さすがに、昨日は胸がザワザワしてよく眠れませんでした。

今朝、おどおどしながら出勤。
職場の同僚に話すと、やっぱり変だよ、と。

わたしはいつも、職場から保育園に息子を迎えに行き、そこからわたしの実家に娘を迎えに行きます。
明るいうちに帰らなければ、と大急ぎで帰りました。
うちの近所は、どちらかというとお街ですが、それでも何が起こるかわからないから。

アパートの近所につくと、車の中から辺りをキョロキョロ。
それらしい人は誰もいません。
息子には、必ずそばにいるように言い聞かせました。

アパートの入り口に、なにやら男性の姿見えました。
もしかして!?と思いましたが、同じアパートのおじさまでした。
子供さんが車椅子で仕事に行かれていて、その帰宅をよく駐車場で待っておられるので、顔見知りです。
見た目は怖そうなのですが、無口で親切な方です。
顔を見てホッとしました。

今日は何事もありませんでした。
昨日のことも、思い違いだといいのに。


こきち@心理

怖かった、不審者!?

2009年03月29日

今日の出来事ですが。

夕方、子供たちとアパート横にある公園に遊びに行きました。
すると、少し離れた駐車場に人影が。
こちらをジーっと見ています。
はっきりとは見えなかったけれど、30歳前後の男性です。
初めは誰かを待っているのかな、と思ったけれど、そういうわけでもないようで、ときどき移動しながらやっぱりこちらを見ています。
しばらくするといなくなったのでホッとしていたのですが、またすぐに現れてジーっとこちらを見ています。
声をかけてくる風でもなく。
まだ人通りのある時間帯だったので、さすがに気味悪くなったので、早めに帰ることにしました。
小さな子供たちですから、そんなにサッサッとは移動できません。
何とか急かしてアパートの入り口に着くと、すぐ正面の駐輪場に、その男性がこちらを向いて立っていました。
もうそこからはとにかく急いで部屋に戻りました。

何だったんだろう。
すごく怖かったです。
こう、子供たちが遊ぶ姿を見てほのぼのっていう感じでもないのです。
うちの近所は、家族連れが多く住んでいて、見知らぬ人とも挨拶を交わすことはありますが、そういう人は遠くからでも会釈して下さったりとか、そういうので分かります。

悲しいことですが、世の中、いい人ばかりではないとわかっています。
勘違いならいいのですが。
しばらくは気をつけたいと思います。


こきち@心理

初お弁当

2009年03月12日


先日、保育園児の子供の遠足がありました。
これまでも、でかけるときなどにお弁当を作ったりしていましたが、他人様の目に触れる機会は初めてです。
高校生の頃は毎日自分でお弁当を作っていましたが、それは完全に大人弁当。
友人からは、マヨネーズ弁当と呼ばれていました。(すべてにマヨネーズがかかっているため)

というわけで、ネットでいろいろ子供弁当を調べましたが、レベルが高すぎる。
そこで、自分なりに頑張って作ったのがこれ。
どうでしょう、クマのつもりです。
わたしにはネズミに見えますが。
息子は無言でした。
表情にも工夫しましたが、息子は
「オコッテルネ…。」
と言いました。
ウィンクが怒っているように見えるらしいです。
今すぐに食べさせろと怒る息子を尻目に、何とかリュックサックにしまいこみましたが、その後息子がリュックを振り回していました。
あ~。
彼は褒めてくれましたよ!(サエコさん風)


こきち@心理
 | HOME | 次のページ »