忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高田ばあちゃんの受難

2009年01月28日

わたしの実家の隣には、高田さん(仮名)という80代のおばあさんが1人で住んでいます。
うちとは血縁はないのですが、お隣なのでお付き合いがあります。

高田ばあちゃんは、うちの子供たちをとてもかわいがってくれて、実家に行くたびに顔を見に出てこられます。
生まれたときから知っているので、自分の孫よりも気持ちが近いらしいです。
夏に、息子が庭でプールをしていると、必ず外に出てきて一緒に遊んでくれました。

最近、息子は気難しくなり、ちょっとした反抗期です。
魔の3歳です。

高田ばあちゃんは、息子によくお菓子をくれるのですが、息子はそれを覚えているらしく、いつもは声をかけてもらっても目も見ずに「ばいばい。」と逃げるのに、気まぐれに
「おかし。おかし。」
と高田ばあちゃんにお菓子をせびります。
いつもは気をつけるのですが、たまに目を離すとその体たらくです。

先日、息子の機嫌が絶不調のときに、高田ばあちゃんが声をかけてくれたのですが、息子は
「もう!高田ばあちゃんバイバイ!!」
と怒って逃げたらしいです。

おばあちゃん、ごめんなさい。




こきち@心理
 

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: