忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風邪その2。

2008年11月10日
総合感冒薬と一部の咳止め薬は前立腺肥大や緑内障の患者さんには禁忌になっています。

全ての前立腺肥大症と緑内障の患者さんに対して禁忌というわけではありません。

判断は泌尿器科や眼科のドクターによるので難しいところです。

今日だけで2件疑義照会しました。

2件とも内科で総合感冒薬が処方された患者さんでしたが、

同じ病院の泌尿器科で前立腺肥大症の薬を服用中だったので疑義照会しました。

内科のドクターに、「前立腺肥大症です。」とか「緑内障です。」と伝えると大抵処方変更になります。

なので、前立腺肥大症や緑内障の治療を受けている患者さんは

「ちょっと鼻水が出る。」とか「微熱がある。」

程度なら内科じゃなくてかかりつけの泌尿器科や眼科を受診した方が良いかもしれません。

下手な内科を受診すると山盛り薬を出されることもありますから。

薬の説明が面倒なんだよな。

メケメケ@薬剤師
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: